読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANABLOG

会社を退職して独立への道を進んでいる25歳。趣味は合唱と指揮と20世紀前後のオペラ歌手鑑賞。

一人暮らしの大学生の部屋をきれいに掃除するコツ

小学生の頃から掃除が大好きで、中学高校と美化委員で学校中を掃除していました。高校のときなんか早朝6時から学校掃除をしていたこともあります(笑)

そんなお掃除大好きっ子が、部屋をきれいに保つための11のコツをご紹介します。特に一人暮らしの男性なんかが実践すると、自分の部屋がきれいになり過ぎて驚くかもしれません(笑)

 

きれいに保つコツ11選を紹介

1.机の上に物を置かない

部屋に勉強机がある、小さなちゃぶ台がある場合ですね。

ここは常にきれいにしておかなければいけません。

床に何が落ちていようとも、布団がぐちゃぐちゃになっていようとも、机の上だけはスッキリサッパリ。何も置いていないクリーンな状態を保って下さい。

 

2.机の上は毎日拭く

机の上に物を置かないようにしたら、次にやるのは拭くことです。

上をパカッと開けて、シュルルって取り出せるウエットティッシュがオススメです。

朝起きたら、何も置いていない机の上をササッと吹いてあげるのです。

 

3.本棚の本は高さをそろえる

本棚がある場合の話ですが、入れてある本の高さをそろえましょう。

左からでも右からでも良いですが、高さがそろっているもの同士を並べてあげましょう。

もし、本の用途別に分けたい場合は、なるべく高さがそろうように工夫しておいてあげてください。

 

4.日常的に使わないものは押し入れに

掃除機や、段ボール、使っていない扇風機などは、積極的に押し入れにしまいましょう。

こういうのを出しっぱなしにしていると、知らず知らずの内に部屋がものでまみれていきます。

そうすると、部屋にものが充満している感覚がスタンダードになってしまい、とっても恐ろしい状態が出来上がります。

 

5.カーペットを敷く=フローリングむき出しを止める

これはできる人が限られてきますが、フローリングのむき出しを避けましょうってことです。

何故か?

フローリングむき出しだと、ほこりが舞うからです。

カーペットを敷くことで、ほこりがカーペットにくっついていてくれます。そうすると、部屋の隅にほこりが貯まる状況が回避できます。

※カーペットについたほこりについては後述

 

6.コロコロ毛取りを常用する

コロコロ~っと毛やほこりをとるやつがありますよね。あれを頻繁に使いましょう。

感覚的には、、、、3~4日に1回のペースで。

最初やった時は、あまりの毛の多さに目が飛び出るかもしれません。僕は全身の血の気が引きました。

器具そのものは100円ショップでも手に入るので、簡単ですね。


7.布団は毎日たたむ

常識だろ!という声も聞こえてきそうですが、布団は毎日たたみましょう。

たたんであげることで、布団を置いてある場所や、その周囲の空気が動きます。

すると、そこの停滞したモヤモヤとした感じがなくなり、部屋全外の印象が変わってきます。

ちょっと感覚的な話ですけど、効果はマジです。

 

8.こたつ布団は毎回上に上げる

こたつを出しているときは、就寝前に必ずこたつ布団をあげましょう。

机の上には何も載っていないルールなので、こたつ布団の四辺を机の上に乗っけてあげるのです。

そうすることで、これも布団と同じように、その場の空気kが動きます。すると停滞感がなくなって、意識が行くようになるんですね。

あと単純に、消し忘れ予防にもなります(笑)


9.全ての洋服は収納する

選択したらハンガーにかけっぱなしで部屋にかけておく、なんて手段もあります。

が、個人的にはNG行為です。

「そのままでいいや~」という気持ちがあると、その気持ちをきっかけに部屋は汚れていきます。

1枚のシャツをたたむのに10秒もかかりませんから、ササッとたたんでしまいましょう。


10.座布団、座椅子は所定の位置を決める

座布団や座椅子を持っている人は多いですが、これらの所定の位置を決めましょう。

乱雑にちゃぶ台近くに置いておくのではなく、「ここ」と場所を決めてあげるのです。

で、寝るときは必ずそこに”収納”する。

これを習慣づけることで、部屋のあらゆるものがピシッピシッと配置されて行きます。


11.余計な小物は置いとかない

小さな小物を机の上や、箪笥の上、棚の上に置く人がいますが、あれも良くないです。

理由は2つ。

一つは、そこにものが置いてあると、ついつい他のモノもおいてしまうからです。最初は小物をきれいに配置していたつもりでも、気が付いてみたら関係のないものまでズラリ…なんてことはざらです。

二つは、ほこりの掃除ができない。ものが置いてあると、ふきんでサッと拭くにも、1回”どかす”という行為をしなければいけません。現在部屋が汚い人は、最初の内はこういう障壁を徹底的に取り除かなくてはいけません。

 

まとめ

  1. 机の上に物を置かない
  2. 机の上は毎日拭く
  3. 本棚の本は高さをそろえる
  4. 日常的に使わないものは押し入れに
  5. カーペットを敷く=フローリングむき出しを止める
  6. コロコロ毛取りを常用する
  7. 布団は毎日たたむ
  8. こたつ布団は毎回上に上げる
  9. 全ての洋服は収納する
  10. 座布団、座椅子は所定の位置を決める
  11. 余計な小物は置いとかない

これを全部やると、部屋のキレイ度が相当上がります。

ただ、全部を習慣づけるにはなかなか苦労を伴う恐れがあります。そういう時は、太字にした項目だけをまず実践してみると良いです。

それだけでも部屋の清潔感はググッと向上しますから。

別のブログの月間PVが8000くらいになったので、そのSEOの話でも。

前回、僕の運営しているもう一個のブログについて

かなり自画自賛的な記事を書いたのですが、

 

そのブログの

「セッション」やら

「ページビュー」やらが

やたらと伸び始めました。

 

その理由は分かっていて、

やや検索されるワードで上位表示されるようになった

もうこの一点につきると思います。

 

ということで、今回は

そのためにやったことを

SEO・ライティング・デザインについて

書いていきます。

 

=====

1.SEO対策としてやった事

=====

SEOについては、

色んな書籍やブログを読んだりしたのですが、

一番分かりやすくて、かつ効果があったのは、

 

キーワード選びをちゃんとやった

 

ことです。

 

正直、これしかないと思っています。

 

一応、Twitterと連携させて、

あわよくばそこからの流入を期待していたのですが、

僕のサイトの場合、それはてんでダメでした。 

 

キーワード選びで具体的に何をやったかというと、

 

Yahoo虫眼鏡に出てくる単語を記事にした

 

これだけです。

 

虫眼鏡に出てくる単語をタイトルに入れ、

そのタイトルについて考えることを書いていく。

 

そうして1~3か月放っておいたら、

そのキーワードで検索1位になっていました。

 

ですので、

現在の月間PVが1,000とかで、

今後数を伸ばしていきたいと思う場合は、

 

まず簡単なところで、

上記のようなことを実践してみると、

数か月後にぐぐーっと閲覧数が伸びてきます。

 

 

=====

2.ライティングについて

=====

これについては、

今現在においても迷走中です。

 

今実践しているのは「素読」です。

 

世間では、

ライティングを伸ばしたかったら「写経」をしろ

と言われていますよね。

 

僕も実際に写経を続けてみました。

 

けれど、

どうにも紙とペンの無駄な気がしてダメでした。

 

PCに打ち込んでいくのも、

目が疲れてアカン…と断念。

 

そんなこんなでたどり着いたのが、

 

素読

 

だったわけです。

 

素読がライティングスキルの向上に役立つかどうかは、

現在僕自身が身をもって検証中ですので、

1年後とかに「素読凄いよ!」とか言っているかもしれません。

 

そうしたら素読で教材でも作ろうかな…なんて(笑

 

元来、話すことが好きな人間ですし、

小学校の頃なんかも結構「朗読」を訓練していた経緯があるので、

 

そういった背景もあって

今の僕に「素読」はしっくり来ています。

 

かれこれ1か月以上継続しているかな?

 

興味のある人はやってみるといいですよ♩

基本的にメリットしかありませんから^^

 

 

=====

3.デザインについて

=====

別のサイトはWordPressを利用しています。

 

そのため、カスタマイズとかし始めると

もう止まらないんですよね。

 

「ここ、もう少しいじったほうがいいかな。」

「あ、ここの画像の位置変えようかな。」

 

こんな感じに。

 

最初の頃は結構凝ってみようとしていたんですが、

段々目が疲れてきてやらなくなりました。

 

「最低限読みやすければいいか~」

 

今はこんなところで落ち着いています。

 

そもそも、

デザイン凝ったからなんだって感じなんですよね。

 

そりゃ見にくいよりも見やすいの方が良いのは決まっていますが、

ある一定のライン超えたら、見やすさなんて変わりませんからね~。

 

なので、現在は

 

適当に見やすいテンプレートを手に入れて、

見やすいフォントサイズ行間文字装飾

 

この辺りを意識していれば、それ以上は不要!

こう考えることにしています。

 

デザインに凝る人はそれでいいと思いますし、

かっこいいサイトを見るとすげーなーとも思います。

 

けど、

それを自分でできるようになりたいか?というと

だったら他にやることがあるな、って感じです。

 

なので、デザインに関しては

最低限みやすければ良い

この程度にしか考えていません。

 

 

まとめます。

 

僕のもう一個のサイトが

(自分の中では)そこそこの閲覧数になりました。 

 

一昨日なんかは1日1,000PVとかだったそうです。

 

そのサイトでやった事を、

SEO・ライティング・デザイン

の項目でまとめると、

 

SEO:キーワード選びをした

 

ライティング:迷走中、素読やろうぜ!

 

デザイン:最低限見やすければおk

 

こんな感じです。

 

結構ニッチな分野で月間8,000PVとかだったんで、

もう少しメジャーな分野で挑めば、

結構いい当たりが出せそうです。

 

もし記事を読んで

「そこそこ役に立ったじゃん!」

と感じたら★とか押していただけると…

 

地味にうれしいです^^

 

それでは、お付き合いいただきありがとです!

合唱指揮の基本的な振り方から細かいテクニック・コツまで開設したサイト

こんにちは。

 

今日はとあるサイトのご紹介です。

 

それがこちら。

合唱指揮法独学サイト CONDUCTOR

 

指揮法の基本的な振り方から、

細かいテクニック、オススメの指導方法や楽曲の分析方法など、

 

自分が学生指揮者だった時に、

「こんなサイトがあったら便利だったなぁ~」

と思えるような作りを意識しています。

 

細かい内容として、一例を取り上げると、

  • 合唱団の最大音量(フォルテ)を上手く引き出す方法
  • なめらかな指揮を振る方法
  • 楽曲に対するリアリティを向上させる分析方法

 

というような突っ込んだ内容から、

  • 合唱コンクールで使える指揮の簡単な振り方
  • 超初心者指揮者のために0から丁寧に解説

 

というような、

中学生、高校生の学内合唱コンクールでも

すぐに使えるようなテクニックを載せていたりもします。

 

 

これらの基礎やテクニックは、机上の空論なんかではなく、

実際に100人近くの学生に対して教えてきた結果と、

僕自身が指揮者だった時代の無数の試行錯誤の結果

この2つが組み合わさったものです。

 

そして、それらの結果から得られたデータを、

今一度分かりやすくかみ砕いて説明したものですので、

内容には結構自信があります(自画自賛・笑)。

 

 

「指揮がワンパターンだね」

「おまえ指揮者向いてないんじゃない」

「君の指揮は見にくいし分かりにくい」

「曲の説明、何がしたいのかさっぱりわからない」

 

こんな風に、指揮者としての資質を問われたり、

 

「合唱団が自分の指示に従ってくれない」

「合唱団の声を十分に引き出せていない」

「指揮と合唱がどこかズレてる感じがする」

 

みたいな、合唱団の現状に疑問がある場合なんかも、

それに対する解決のヒントを提案できるはずです。

 

ってことで、だいぶ手前味噌ですが、

合唱指揮法独学サイト CONDUCTOR

よろしくおねがいしま~す^^

 

ではでは!

死の悲しみを乗り越える力

頭の中のコト

f:id:asa221b:20160814221924j:plain

最近、身近に死を感じました。

 

自分が死にそうになった、とかそういうのではなく、

身近に死があったのです。

 

 

これまでの儀式

ぼくはこれまで、死者を弔う儀式っていうのは、

死者の冥福を祈って行うものだと思っていました。

 

死んだ人のために行うものだと思っていたんです。

 

死んだ人が、あの世に行っても元気に過ごせるように、とか

穏やかにあの世に行けるように、とか

現世に心残りをすることなく行けるように、とか。

 

死んだ人が迷いなくあの世に行けるようにしてあげること、

それが死者を弔う儀式の意味だと思っていたんです。

 

 

弔いの儀式のもう一つの意味

しかし、その考えは大きく変わったんです。

 

どういう風に変わったか。

 

それは、

弔いの儀式は、残された者の心に整理をつけるための儀式でもある

ということです。

 

自身の経験から考える:儀式とは一つの区切り

今回、ぼくの身近に起きた「死」というのは、

愛鳥の死のことです。

 

我が家にきて8年ちょっと。

 

名前は「ぴー」。

 

性別は恐らくメス。

 

喜ぶと嬉しそうな声で鳴き、

怒ると頭の毛をカッと逆立て、

頭をなでると「ぴ、ぴ」とかわいい声を出していました。

 

ぼくたちがご飯を食べれば、

一緒になって自分もご飯を食べ始め、

ぶどうやオレンジなど、ぴーの好物をぼくらが食べていれば、

迷わず飛んできて肩に止まるのです。

 

トリとヒト、種族は違えど

彼女はまさにぼくら家族の一員でした。

 

 

が、そんなぴーも寿命だったようで、

8月の頭に寿命で逝ってしまったわけです。

 

最期は、母の膝の上でパタリ・・・と息絶えていったそうです。

 

 

 

かなり泣きました。

 

もう、向こう3年分くらい涙を流したんじゃないかってくらい。

 

 

ひょっこり返事でもしてくれるんじゃないか?なんて期待を持ちながら、

何度もぴーの名前を呼んでは、その亡骸をなでてみたんですが、

力なくクタッと脱力し、だんだんと冷たくなっていくピーの身体からは、

死の現実が伝わってくるだけでした。

 

 

その日の夜は、

ぴーのために小さな仏壇を作ってあげました。

 

ぴーの身体は、

ちょうどいい大きさの箱に脱脂綿をつめ、

そこに横たわらせてあげました。

 

夏で暑かったという事もあって、

となりに保冷剤をいくつか添えてあげて。

 

日付を超えるまでお線香をあげ続け、

ぴーとの思い出をひたすら振り返りながらのお通夜でした。

 

 

そして次の日、ぴーを埋葬してあげたのです。

 

埋葬場所は、家のすぐ前の庭。

 

猫が掘り返さないように、

60~70cmの深さの穴を掘り、

そこにぴーを箱ごと埋葬してあげました。

 

箱の中には、

ピーの大好きだったブルーベリー、オレンジ、

ぼくら家族とぴーが一緒に写った写真、

読めるかわからないけど書いてみた手紙を詰めてあげたんです。

 

箱のふたを閉める前には、

全員がぴーを握って、お別れの挨拶をしました。

 

 

「今までありがとう、おやすみ。」と。

 

 

穴を埋めたのは、ぼくと弟たち。

 

三人でわんわん泣きながら、穴に土を掛けていきました。

 

 

その翌日、

ぴーを埋葬したところに父と母が花を植えました。

 

いくつか苗を買ってきて、

周りを煉瓦で囲って、小さな花壇を作ったのです。

 

ぴーのお墓が完成しました。

 

 

その翌日には、

ぴーのためのちゃんとした仏壇が完成しました。

 

うちのご先祖様のところに一緒にすることは違うという事で、

写真を飾り、お線香をあげるスペースを作り、

ぴー専用の仏壇を作ったのです。

 

死から立ち直り、前を向いて生きること

ぴーが逝ってしまってから、かれこれ1週間がたちました。

 

若干の寂寥感はぬぐえませんが、

現在は割とさわやかな気持ちでいられます。

 

それは、

ぴーのためにできる限りのことをしてあげた、

という意識を自分が感じられているからだと思っています。

 

 

ぴーが死んでしまったその日に、

もうこれでもかってくらい泣きました。

 

お線香を切らさないようにあげ続け、

ずーっとぴーのことを考えていました。

 

 

次の日、あの子が幸せにあの世に行けるようにと、

きちんと埋葬し、お墓を作ってあげました。

 

 

そして、いつまでも心の中で生き続けられるように、

仏壇をつくり、毎日お線香をあげています。

 

 

このように、

もう死んでしまったぴーのためにできること、を全力でやった結果、

今現在、寂寥感は残りつつも、さわやかな感じでいられるのではと考えています。

 

ぼくらのやったことが、

本当に死んだぴーのためになっているか、なんてことは一生分かりっこない事ですが、

自分の中でそう思えるだけで、残された人は前を向いて生きていけます。

 

死んでしまった者のことを考え、

今できる最大限の事をしてあげる、

死に対して前向きに行動してあげる、

 

これが死の悲しみを乗り越えるための原動力であり、

一番の方法なんじゃないでしょうか。

やる人とやらない人の違いを他の分野に当てはめると分かりやすい

その他雑記

f:id:asa221b:20160728215411j:plain

 

やる人とやらない人っていますよね。

 

行動する人と行動しない人ともいえます。

 

人から言われたり、自分で考えたことを

実行に移せるかどうか、もっと言えば、そのスピード感があるかどうか。

 

 

僕はこのスピードが結構遅い人間、

だという事に最近気が付きました。

 

というか、これまでそういう視点を持っていなかった。

 

 

じゃあどんな時にそれを感じたのか、というと

例えば何かのサイトを作るってなった時に、

もうサイトの作り方とか、記事の書き方と変わってるんですね。

 

手元には材料がそろっている。

 

あとは、それを組み合わせていくだけ。

 

なのに何かしらの理由を付けて先延ばしにしている。

 

と、こんな感じです。

 

 

これって、例えば他人が同じ状況にあって、

それを第三者から見てたら、「だっさ~」って思うんですよね。

 

「この人フットワーク重過ぎでしょっ!」って。

 

 

ですが、それが自分の事になるとてんで見えなくなる(笑)

 

見えなくなるというか、正確には見なくなる。

 

「今日は気が乗らないなぁ~」とか

「次の休みの日にしよ~」とか言ったりして。

 

もし自分が二人いたら、

「いやいや、フットワーク重いのは君もやで!汗」

って普通に突っ込まれるレベルですわ。

 

 

で、この状況を上手く例えている話が合ったのでご紹介です。

 

この、「行動」っていうのを、バスケのシュートに例えるんです。

 

もう手元に材料がそろっている状態ってのは、

まさに目の前にゴールがある状態ですね。

 

で、行動っていうのは、シュートの事です。

 

 

つまり、行動できる人というのは、

ゴールを目の前にしてシュートを打てる人の事。

 

行動できない人というのは、

ゴールを目の前にしてシュートを打てない人の事。

 

 

前者は、もう目の前にゴールが見えていて、シュートを打つ。

一発で入るか入らないかは別にして、とにかく打てる人です。

 

後者は、ゴールを目の前に見ながらも、シュートが打てない。

外したらな~とか、届かないかもな~とか理由を付けて、打たない。

 

 

前者は、入るか入らないかに関わらず、一つの経験を積むことができ、

後者は、一切の経験を積むことができず、終いにはボールを敵に取られてしまう。

ボールを取られて、せっかくの機会を失うってことですね。

 

 

世の中で成功する人とできない人がいるとしたら、

きっと成功する人っていうのは、

前者の人で、かつ何度もシュートを打った人ですよね。

 

そりゃ当然の話で。

 

でも、今の自分を含め、何かと理由を付けて打てない人が多い。

 

本当はゴールが目の前に見えているのに。

 

 

僕がもともとバスケ部だったといこともあり、

行動できる出来ないというのを、シュートに例えるのは秀逸でした。

 

目の前にゴールあるのに打たないとか、

もうアホの極みですからね(汗)

 

敵に取られるか、コーチに怒鳴られるか、味方にけられるかのどれかです(笑)

 

 

こういう風に、自分の現状を他のたとえで表現するというのは、

新しい感覚を呼び起こしてくれて、非常に刺激になります。

 

恐らく、行動できない自分ってのを自覚している人も多いと思います。

 

これを機に、自分の得意分野で例えてみると、

意外な発見があったりするかもしれませんよ!

 

 

ってことで、今回は以上で!

有難うございました~。

青春18きっぷで東北をちょこっと旅してきました

その他雑記

f:id:asa221b:20160727124217j:plain

4日間かけて、

東京→郡山→仙台→盛岡→東京

と移動しました。

 

最後の盛岡→東京は、

さすがに7時間かけて帰る気になれなかったので、

やまびこさんに運んでもらいましたが^^;

 

今回の旅を一言で表すなら、

「行き当たりばったりのだらり旅」って感じです。

 

予定を組んでいったのは、初日の郡山のみ。

(郡山では、合唱部の同級生と焼き肉をするってことで集合しました。)

 

が、それ以外は行き当たりばったりの連続。

基本的に、その日の予定はその日に決めるって感じでしたね。

 

当日になって、

「あー、あの人に会いたいなぁ」

「あの人、今日ご飯大丈夫かなぁ」

と思ったら即連絡、ってな感じです。

 

で、ぼくもダメもとで連絡しているわけですが、

これが意外とOKしてもらえたりして。

 

いきなり友達の家に行って、

「○○くーん、あーそーぼー!」

という感覚に近いです(笑)

 

ほとんどが大学時代の人たちだったんですが、

あっさり快諾してくれた人には、本当に感謝です^^

 

 

今回のだらり旅で感じたのは、

このフットワークが軽い事の楽しさでした。

 

予定をしっかり組んでの旅行、みたいのも嫌いではないんですが、

「次どーしよっかなー」って考えてるのも、結構楽しい。

 

 

今日はどうしよっかなって考えて、パッとひらめいた人に会う。

 

「○○さんに会いたい!」

「○○さんと話したい!」

と思った人に会う。

 

これは、前もって決めておいた人と会うのとは、

一味も二味も異なる感覚でした。

 

なんというか、

今その瞬間、自分が求めていた人に会える感覚?

みたいで、色んな事が閃いてくるんですよね。

 

実際に会った人たち以外にも、

「あ、ここには○○さんもいるなぁ」と思う事はあったのですが、

「あの人とは、このタイミングじゃあないなぁ」という

感覚が働いていたのも事実です。

 

 

会いたいときに、会いたい人と会うというのは、

とっても刺激的で、かつ会えたことに感謝を実感できる

今の自分の中では結構当たりの動き方だったように思えます。

 

 

相変わらずの支離滅裂ぶりですが、

今日は久々の記事という事でこんなところで!

 

お付き合いいただき、有難うございました~。

明日から青春18きっぷを使って東北へ行きます

f:id:asa221b:20160722175437j:plain

「いざ行かん!東北の地へ!」

 

ってことで、人生で初めて18きっぷを買ってみます。

 

18きっぷが18歳より上の年でも買えることは知ってましたが、

実際に買って移動するのは初めての事です。

 

ワクワクします。

 

早速明日は、我が家のある東京から、福島県郡山へ。

 

その後、郡山から仙台まで足を延ばしてみる予定です。

 

 

大学が仙台にあったので、そこまで「旅」って感じはしないのですが、

それでも初のローカル電車移動ってことで多少ドキドキ。

 

とりあえず、我が家から郡山までは、片道4時間だそうです…

 

暇つぶしの道具を沢山持って、道中も写真とか取ってみようかと考え中です。