読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANABLOG

会社を退職して独立への道を進んでいる25歳。趣味は合唱と指揮と20世紀前後のオペラ歌手鑑賞。

指揮法とコピーライティングの思わぬ共通点

f:id:asa221b:20160718182115j:plain

ここ1か月、

本格的にネットビジネスについて学んでいたのですが、

その中でコピーライティングというものに出会いました。

 

キャッチコピーなんかに代表されるような、

いわゆる、お客さんが注文したくなっちゃうような文章を書くやつですね。

 

別に注文じゃなくても、

申し込みとか、何かしらの行動をしたくなるような文章ってことです。

 

で、そのコピーライティングってのを調べているうちに、

昔、合唱団の指揮者だった時の事を思い出したわけです。

 

あー、この2つってめっちゃ似てるんだな、って。

 

 

本質的にはどちらも一緒

じゃあどんな点が似ているのか、というと

根幹の仕組みみたいなものが似ています。

 

それは、

どちらも何かしらの思いを、それぞれの手段を用いて伝えている、

ということです。

 

例えば、商品を売るためのコピーライティングであれば、

「この商品良いんだよ!すごいんだよ!だから注文してみない?」

ってな思いを、コピーライティングの技術を用いて伝えますよね。

 

一方で指揮者の場合は、

「この音楽めっちゃ良いんだよな!この部分とか特に!だからこう歌ってくれ!」

ってな思いを、指揮法の技術やテクニックに乗せて伝えているんです。

 

どちらも、「~~!!!」という思いを、

持っている技術に乗せて伝えている、という点で

この2つは共通しているな~と感じたわけです。

 

手段と目的を取り違えそうになるのも似ている

で、むしろすげえなって思ったのはこっち。

 

コピーライティングも指揮も、

躓きやすいというか、陥りやすいというか、

初心者がドツボにはまりやすいポイントが似ているんですよね。

 

それは、手段と目的を取り違えること。

 

どういうことかというと、

コピーライティングも指揮法も、

最初に来る目的は、「思い」ですよね。

 

で、その思いを伝えるための、手段として

テクニックや技術が存在する、とこんな感じです。

 

ですが、初めてこれらに触れた人って、

テクニックや技術を重要視してしまう傾向にあると思ったんです。

 

つまり、大事なのは文章力やボキャブラリーである!!

 

大事なのは、指揮法のテクニックである!!音楽知識である!!

 

みたいな。(ハイ、僕の事です←)

 

仕組みが一緒なら、躓きやすいところも一緒なんだなーと

非常に感心したものです。

 

どちらが大切か

目的あっての手段ですから、

重要度で言ったら、目的の方が大切かもしれませんが、

それは技術をほったらかしにしてよい理由にはなりませんからね。

 

結局のところ、

明確な目的を見据えて、それを承知の上で技術を磨くってのが正しい

と、こんな感じなんでしょう。

 

ただ、一つ経験的に感じているのは、

目的が曖昧であったり、あるいは技術さえあればなんとかなる!

ってな感じで入っていくと、大体モチベーションが失せていきますね。

 

最初の内は、新しい技が手に入る感じで楽しかったりするんですが、

そのうちだんだんと飽きてきてしまう。

 

そして、1週間もしないうちにほっぽりだしてしまう、と

こんな感じのサイクルを、もう何度経験してきたことか…

 

ですから、目的は「大事」ってよりも、

それがないと「なりたたない」という考え方が正しいのでしょう。

 

そして、人間の脳みそはそうできている。

意味のない事はやれない、続かないようにできている、

そう強く感じてやみません。

 

ネットビジネスの世界では、

マインドが大事なんて言われるのですが、

それもこれと同じ理由なんでしょうね。

 

お金儲けしたい!お金!収入!不労所得

その為には?テクニックは?

 

こんな感じで行くと失敗しますよ、

という事をマイルドな表現で表しているんだと感じました。

チャンスは目の前に転がっているのに、見えていないという事

ここ最近、ネットビジネスに取り組んでいるんですが、

やたらと躓きの多いMANABUです。

 

実際躓いているっていうか、

自分のやり方が正しいのかどうか、あっているのかどうかが不安で、

しかも、すぐには結果が出るわけでもないから、

結果として焦って、不安になって、次の一歩を踏み出せなくなっている

ってな感じです。

 

簡単に言うと、

別にサイトを作って、そこにアクセスよびこまにゃあならんのだけど、

何が悪いのか、上手くアクセスが集まりませんなぁってことです。笑

 

で、、、

先ほどやり方が分からないって書いたんですけど、

実際、やり方、というか手順は説明されているんですよね。

 

それで、実績を出している人もちらほらといるらしい。

 

でも、僕はまだ成果がでていないため、自分のやり方に不安を持ち

結果として、歩が緩くなり、ぱっぱと行動できないって感じです。

 

チャンスはきっといくらでも転がっている

そんな感じで悩んでいるときのことです。

 

僕がネットビジネスを学んでいる人からメールが来ました。

 

その中に、

「MANABUさんは、実はすでに月○十万稼ぐだけの知識を持っているんですよね。」

的なことが書かれていたわけです。

 

で、これを見て思ったんです。

「あぁ、今自分の目の前にある情報は、

見る人が見れば、金を生み出す金脈のようなものなんだけど、

自分にはまだそれが、ただの山にしか見えていないんだなぁ」と。

 

見えなくしているのは、それまでの経験、先入観、生き方

こんなことを考えているときに頭をよぎったのが、

 

心理的盲点

 

ってやつです。

 

読んで字のごとしですね、精神的な盲点。

 

物理的には見えているんだけど、

そのものの本質というか、機能というか、効果というか、

そういうものが見えていない。

 

こういう話、実は自己啓発系の本で何度も出くわしています。

 

人は、それまでの生活環境や、先入観、偏見によって、

本来あるべきものの姿が見えなくなってしまう事がある、と。

 

例を出すと、

我々にとって、テレビは電波を受信して映像を映し出す機器ですが、

原始人にとっては、重たい箱に過ぎない、あるいはちょっと厚みのある板

にしか見えない、こんな感じですね。

 

あるいは、

ストラディヴァリウスなんてお高いヴァイオリンがありますが、

名ヴァイオリニストにとっては、それは超レアものに見えるんでしょうけど、

パンピーたる我々には、ただのヴァイオリンにしか見えない、と。

 

で、これらの見え方の違いは何からきているかというと、

その人の人生とか、経験とか、それまでの価値観とか、

そういうものに由来しているらしいんですよね。

 

らしい、っていうか、まぁそれしかないよね、って感じですが^^

 

で、テレビの例だったり、ヴァイオリンの例を、今の僕に当てはめてみると、

 

ネットビジネスをやってきた人にとっては、

その情報だけで月○十万という収入を生み出すに十分なのだけど、

僕は、そういった経験がないので、その情報の価値がいまいち分かっていない、

と、こういうわけですね。

 

盲点をはずす、ずらす

じゃあ、その盲点をどうやってずらすかって話ですけど、

これは自分じゃないと解決できないってことが一つ上げられますよね。

 

他人に

「これはこうなんだよ」って言われても、いまいち信用ないじゃないですか。

 

それに、ただの知識として入れておくならまだしも、

(ネットビジネスのように)自分で実行実践するとなると、

やっぱり自分の中で腑に落ちていないとつらい。

 

本当にそうなのかなぁ…って疑いを持った瞬間に、

その疑いは、ハリセンボンのようにぷくーっと膨れ上がってくるからです。

 

きっとこれ読んでるあなたも経験ありますよね?

 

最後は自分で納得できるかどうかだって。

 

 

ということで、自分で納得するしかないってことが一つ。

 

あと、もう一つが、価値観をずらすってことです。

 

これは、さっきの自己啓発系の本に書いてあったことなんですけど、

 

今自分のいる環境ってのは、自分にとって変化の少ない世界

つまり、安定していて、気持ち的にもひじょーに楽な世界らしいんですね。

 

だから、そこからの変化ってのは、

自信を不安定にするし、気持ち的にも楽じゃない=つらいことらしいのです。

 

そうすると、

不安定だったり、つらいのは嫌だから、

脳は自分の体や精神に信号を送るわけですね。

 

勉強だったら、

「それやったらツライよ、さぼろうぜ、マンガ読もうぜ。」みたいな。

 

ダイエットだったら、

「おなか減ったんじゃない?ほら、ジュース飲もうよ。」みたいな。

 

ネットビジネスだったら、

「もうやめようぜ、結果でないよ、楽にやろうぜ。」みたいな…

 

こんな風に、強力な信号を体に送ってくるわけですね。

 

だから、どんなに強く決心していても、

簡単に、ポキリと折れてしまう事がある。

 

その本でも言ってましたけど、頑張るとか努力ってのは違うらしいですね。

 

好きこそものの上手なれ、なんて昔の人は言ったらしいですけど、

まさにそれが真実で、

 

頑張るとか努力とか言っているうちは、

いやな事、つらい事と脳が認識しているので、あんまり上達しないみたいです。

 

つまり、僕がやる事ってのは、ここから明確になって、

ネットビジネスを好きになる、

今やっていることを楽しい、気持ちいと思えるようになれば良いんですね。

 

じゃあ、そのためにはどうすんの?って話です。

 

一つは、無意識化で脳に信号を送り、自らの価値観を新しいものに書き換える。

もう一つは、今やっていることで、小さくてもいいから結果を出す。

 

根幹の意識を書き換え、その上で、

自分の行動に楽しい、面白い、うれしい、というプラスを付与できれば、

僕の無意識というか脳内は、確実に書き換えることができます。

 

 

ここで書いたことって、

ネットビジネスって言葉を他の単語に変えたら、

色んな人に当てはまる事だと思います。

 

三日坊主とか、やる気が続かないとか、すぐあきらめちゃうとか

色んな事に共通する事実なはずです。

 

ってことで、僕はこれから心機一転(まさに心を書き換えるw)

楽しんでいきますので、

もし同じ境遇の人がいたら一緒に頑張りましょう!!

 

ということで、ここまで読んでいただき有難うございました^^

ついつい書きすぎてしまう症候群(特に読んで得られるものはないです笑)

ここのブログのほかに、

指揮法について独学で学べるサイトを運営しています。

 

そこのサイト記事を書いていて思う事なのですが、

 

記事の文章がついつい長くなってしまう。

 

本当は1000文字とか1500文字とかで収めたいんですよね。

 

でも、書いているうちに、気が付くと2000文字とかになっている。

 

しかも、内容自体はまだ半分くらい!!

 

で、そうなると、

「もう2000文字も書いたのか…」

ってな感じでガックシきて、

書くことに対するモチベーションが下がってしまうんですよね。

 

1500字くらいで収めたい、せめて2000文字。

 

なのに現実は3000字とか。

 

 

で、これ短くしようとするじゃないですか。

 

すると、500文字。

 

ちょっと足りない。

 

なんなんですかね、これ。

 

 

こればっかりは、自分の問題なので、

他人にアドバイスもらったり、解決策を提示されても意味ないと思うんですよね。

 

だから、自分でいい感じに字数をまとめる方法を

編み出さなくてはいけない。

 

というか、編み出したい!!

自分の人生を映画とみなす

人生=映画

キャストは、人生にかかわるすべての人。

ストーリーは、生まれてから死ぬまでに起きる事。

世界観は、自分の作り出す(考え出す)世界。

テーマは、自分の哲学、信条。

 

自分の人生を映画とみなす。

 

そう考えると、自分の人生をいかに楽しくするかってことは、

自分の映画をいかに楽しくするか、って事と関わって来ます。

 

自分のキャラクターは、内省を徹底的に行い、

自分とは何か、自分がどこにいるのかを考えることによって、

だんだんと確立していきます。

 

毎日のイベント(出来事)は、

色彩豊かで、でもワンパターンは飽きてしまうので、常に新しい視点が欲しいです。

 

世界観は重要で、

これの有無によって、人生の基本的なトーンが決まってきてしまう気がします。

 

自分の理想とする世界を作り上げ(考え出し)、

そこに臨場感を持たせて、第二のリアリティを感じる必要があります。

 

最後に、テーマ。

テーマがあれば、その人のキャラクターや人生は、ぶれないものになります。

逆に、テーマや信条がないと、あっちこっちにぶれて、

煩雑で、魅力的な映画にはなりません。

 

 

自分を客観視して、

映画に出てくる、一人の登場人物として観察した時に、

 

キャラクターとしての個性を確立しているか、

面白いストーリー、エピソードを生み出しているか、

世界観は、理想のものを作り上げているか

テーマを考え抜いたか。

 

こんな風にして、人生を捉えなおすと、

きっと他の人とは違うユニークな自分になれます。

 

無理して、何かに似せた自分を作るのではなく

あるがままの自分を見てみる、ここまでの人生(映画)を見てみる。

 

こんな風にして、生き方を選んで行ったら、

きっと自分だけの彩を放つ何かが待ってます。

身辺調査表を作ってキャラクターを確立する

自身のキャラクターを認識する

面白い文章ってなんだろうなって事を考えてたんですね。

 

そしたら、ふと、

文章の面白さって、漫画とか絵とか音楽とか、

そういうものと共通する部分が多いんじゃないの?

なんて考えが浮かんできたわけです。

 

で、調べてみました。

面白い漫画って何なのか。

面白い漫画の要素ってなんなのか。

 

で、見つけたんです。

面白い漫画には、キャラクターや世界観の確立が必須であるという事を!!

 

参考にしたのは、

漫画論について書かれたとある本だったのですが、

 

その本の中では、特にキャラクターの確立に関して、

「身辺調査表」の作成を勧めていました。

 

身辺調査表?

身辺調査表ってのは、簡単に言うと

自分のプロフィールです。

 

名前は何で、身長は、体重は、誕生日血液型は、ってな風に。

 

ただ、ただのプロフィールと違うのは、

 

  • 口癖や身体的特徴
  • 思考の癖
  • 好きな/嫌いな音楽、場所、もの、事
  • 得意とする事
  • 苦手とする事
  • 強み
  • 弱点
  • 苦手なもの
  • 好きなブランド
  • よく行くお店
  • 手術歴
  • 虫歯の箇所 etc.

みたいなことを書き込んでいくんですね。

 

かなり細かい。

 

だから、身辺調査表です。

 

 

身辺調査表を使って、キャラクターを自覚する

この身辺調査表を使って、

自分オリジナルの(まぁ自分の事なんですけど)キャラを自覚するんです。

 

知っているようで知らない自分のキャラクターを自覚することで、

初めて見えてくることってたくさんあると思うんですよね。

 

それからぶれず、外れず、たがわず、

一本筋の通ったキャラクターを自覚することで、

自分の表現するものには、自分というキャラが表現される。

 

このように考えました。

 

ということで、

身辺調査表早速作ってみます。

 

作ったら、ブログ…

にあげるかわかんないですけど、

その効果をまた、レビューしてみます!

 

あでゆ!

 

 

 

現代人は大体情報過多!アウトプット>>>インプットと心得るべし

これまでの自分の人生を振り返り、

自分は情報過多になる傾向が強い事に気づきました。

 

タイトルに沿って書き換えると、

インプット>>>アウトプット

となりやすい、ってことですね!

 

で、こうなるとどうなるか。

 

まず、情報入れただけで満足しちゃうんですよね~。

 

「あ~読んだ読んだ!いやぁ、読み応えのある本だったなぁ!

なんかだ賢くなった気分だぞ、今度どっかで、この知識を使ってみよ」

 

ってな風になって、終わり。

 

知識を入れて、終わり。

 

するとどうなるか。

 

⇒ 忘れます(笑)

 

頭の片隅に、消しゴムのカスほどには残っているんですよ、まぁ。

 

だから、本のタイトルとか聞いたときに

 

「あー読んだ読んだ!それ読んだことあるよ!

え?内容? そんなの覚えてないよう。」

 

………

……

失礼しました(笑)

 

最後のは置いといて、

この発言は、僕にとっての真理です。

 

僕の頭の中は、

忘却曲線にあまりに忠実なのです。

そりゃもうほんとに、憎いくらいですよ、えぇ。

 

 

ともかく、

読んで(インプットして)、しばらく放っておくと、忘れるんです。

インプットという行為が、ほぼ無駄になる。

 

===

で、インプットしたら、アウトプットが重要だ~

なんてのは、中学生くらいなら当然知ってるわけですよね。

 

でも、それを今まで理解できていなかった!!

 

分かった気になっていた、というやつですね。

 

事実、自分の生活の中で、

この行為はインプットだな

この行為はアウトプットだな

と意識して分けてみると、

 

僕の生活の○○プットは、その9割がインプットでした。

 

これって恐ろしい事ですよね。

 

勉強のため、後学のためにと本を読む。

少しでも知的になりたいと、知識を手に入れたいと本を読む。

 

けど、ふたを開けてみれば、インプットだけだったんです。

 

頭でっかち一直線、情報過多へまっしぐらだったのです。

 

===

ってなわけで、今回の記事が良い例なのですが、

 

本を読んで得た知識

心の中で思った事

日常感じた事

体験した事

 

全ての行為を学びに変えて、積極的にアウトプットをしていきます。

 

自分の行動を振り返って、分かったんですけど、

やろうとしないとやらないんですよね、アウトプット。

 

これって、他の多くの人に当てはまる事んじゃないでしょうか。

 

本を一生懸命読むのはいいんですけど、

それって、一方方向で情報を入れるだけになってませんか?っていう。

 

そんなわけで、自戒の念を込めて、

 

これまでの

インプット>>>アウトプット

生活から離れ、

 

アウトプット>>>インプット

生活に切り替えていこうと思います。

 

まぁ何事もバランスだとは思うんですけど。

現代社会で普通に暮らしてたら、そりゃインプット過多にもなりますよね。

 

では、この辺で~。

 

ハイキュー「球拾いの意味を考える」と重なる

今週号のジャンプに掲載されてる

ハイキュー(バレーボールを題材にした漫画)にて、

面白い、というか今の自分に重なる描写がありました。

 

簡単に場面を説明すると、

バレー部に所属する主人公は、

(自分は呼ばれていない)選抜合宿的なものに、勝手に乗り込んでいくという場面。

 

当然練習には参加させてもらえないんですが、

なんとか球拾いだけでもさせてもらえることになります。

 

そして、ただ球拾いをするだけじゃなく、

そこでしかできない、自分にしかできない何かを探さなくては!!

と頭を回し始めたところで、次回は続いています。

 

 

僕は普段、ハイキューは読んでいないのですが、

サラーっと読んでいる中でこの描写が目に止まったんですね。

 

なんだか、今の自分の状況みたいだなって。

 

というのも、ここ最近

「自分は他人に対して何ができるんだろう」

「自分が他人に提供できる価値ってなんだろう」

ってのを考えてます。

 

「自分が存在する意味」

って書くと、ちょっち大それた感じですが、

まぁ漠然とそんな要素も入っていますね。

 

その問いと、ハイキューの主人公の境遇が似ていると思ったんです。

 

「今置かれている状況で、自分にできることはなんだろう」

 

もち、ハイキューの主人公は

「自分が強くなるために」ってのが根底にあって、

僕の場合は、

「人生を良くするために」ってのが根底にあるんで、、、

 

あぁ、こう書くと一緒ですね笑

 

強くなりたいのも、

人生を良くしたいからですもんね。

 

なんだ、一緒か…

(書きながら気付きました←)

 

 

………それは置いといでですね!笑

 

この主人公が、どのようにしてこの境遇を打破するのか、

非常に興味があります。

 

それは同時に、自分の姿でもありますから。

 

主人公は、来週の月曜日には、

自らの答えを見つけ出すのでしょう(笑)

 

が、僕は、自分の頭で考えない限り、

月曜日になっても答えは見つからないでしょう。

 

ブレインダンプなり0秒思考なり、

頭をガンガン回転させて考えます。

 

そのためにはまず、

誰の役に立ちたいか、を明確にするのが近道かもですね。

 

今お世話になっているビジネス系の先生

ここんとこ自分に有意義な情報を提供してくれる友人

遠方から東京に来てくれる彼女

そして両親

 

まずは身近なところから、

そして小さなところから、

確実に歩を進めて行きます。