読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANABLOG

会社を退職して独立への道を進んでいる25歳。趣味は合唱と指揮と20世紀前後のオペラ歌手鑑賞。

0秒思考のメモを使ってブログ記事作成を加速させる

0秒思考で紹介されている、1分1ページのメモ。
これを利用してブログ記事作成を加速化させることができないかどうかを検証、実行してみます。

PCに向かってせーのでやるのじゃ思いつかない

生活の中でネタを思いついて、あとでPCに向かって記事を起こす。
こんなことを今までやっていたわけですが、まぁこのブログを見てわかる通り、ムリです。

自分を納得させるためもう一回言いますね、ムリでした。

ということで、何か方法はないかなと。

そこで思いつきました0秒思考。

0秒思考を使うと、あっという間に骨子が出来上がる

0秒思考をご存知なければ、ググってみてください。
すぐに出てきます。
この本は、世の中でもよく売れた本らしいのですが、ぼく個人としてもものすごくオススメです。
もうめっちゃくちゃオススメです。

どういう人にオススメかというと、
・独り言が多い人
・ブログとか書くんだけど、「いややっぱりあの表現はよくない」とか思って消しちゃう人
・「こう表現したいんだけどなぁ…この書き方だとイマイチかなぁ」とか悩んで筆が止まる人

全部ぼくのことなんですけどね笑

で、なぜ0秒思考が上記の人にオススメかというと、このメモ、思考の後戻りを許さないんです。

思考の後戻りとはどういうことかという、つまり、あーでもないこーでもない、コレです。

書いては消して、考えては止めて。
こういうのを止めてくれるんです。

なぜか?
1分という制約があるからです。
早く書かないと、次の項に移らないと、ドンドン時間が経ってしまい、そのうち2分とかになっちゃうんです。

ですから、強制的に自分が最初に思いついた言葉、表現を引っ張り出してくれます。

で、こういう思いつきの言葉って、何度もこねくり回した言葉よりも考えられていないかっていうと、そうでもないんですよ。

やっぱりヒラメキっていうんですかね、あとで見ると結構しっかりしてるんです。
というか、こねくり回したってあんまり変わらないんです(笑

それでも心配っていう人、安心してください。0秒思考は続けていればドンドン精度が高くなってきますから。
すぐに一発目で気にいる表現が出てきます。

さて、0秒思考のCMになってしまいました(笑

(強引に話を戻して)
ということで、0秒思考では思考の後戻りを減らしてくれるので、記事の作成を加速化してくれるわけです。

では、ぼくが現在行っている具体的な方法を書いておきますね。

0秒思考を利用したブログ記事作成の具体的な方法

まずテーマを思いつきます。
このテーマはいわゆるブログ記事の内容にあたります。

そしたら、そのテーマを0秒思考するための質問を考えます。
例えばテーマが「ブログ記事作成に時間がかかる、解決したい」だとします。

そしたら、
「なぜ記事作成に時間がかかるのか?」
「どうしたら記事作成が早くなるのか」
「記事作成が早い人は誰か」
「記事作成が早い人はどうやっているのか」
「どうして自分は記事作成が遅いんだろうか」
等々、思いつく限りの質問に対して、0秒思考をしていきます。

そしたらあとはカンタン。
きっとなんとなくの答えが出ているはずですから、それを元に記事の構成をします。
構成も0秒思考。
「記事作成を加速化させる方法をわかりやすく伝えるにはどう書けば良いか?」
「自分なら、どう書かれたら分かりやすいか?」
ということをメモしていきます。

すると、大きな項目が出てくると思うので、それに従って書くだけ!

内容は最初に考えていますし、構成も考えてあります。
こうするとスラスラ文章が出てきます。

表現でつまづきそうになったら、自分のメモを見直せばいいんです。
答えはそこに書いてありますから。

まとめ

0秒思考を利用することで、ブログに限らず記事作成・文章作成のスピードが格段に速くなります。
そして、自分の考えを言葉に、文章にする力がメキメキついてきます。

まだぼく自身発展途上の身ですが、読んでくださったあなたと一緒に成長していけたらなと思います。

それでは、お読みいただきありがとうございました!