読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANABLOG

会社を退職して独立への道を進んでいる25歳。趣味は合唱と指揮と20世紀前後のオペラ歌手鑑賞。

一瞬サラリーマンも悪くないなと思いました、が

本日は決算打ち上げでした。

決算打ち上げとは、いわゆる「1年間お疲れ様でした、目標数字達成できましたねおめでとうございます」的なものです。

そこで、いわゆる役職に就いてる方々が挨拶をするわけです。
「今年は目標達成できました、これはみんなのお陰です。来年も目標必達しましょう。」みたいなことを。

で、やっぱり一年間結構な時間を過ごしたので、ぼくみたいな役に立たない思うところはあるわけです。
すると、一緒に頑張ったな!来年も頑張ろうな!みたいな雰囲気になると、なんとなく「あぁ、サラリーマンっても良いもんなのかな?」とか思ったりするわけです。

が。

が、しかし。

やはり、年間を通してムダ、そしてマイナスなことが多すぎます。
仮に、今日の決算打ち上げみたいな日に、「サラリーマン良いなぁ、みんなで頑張るって良いなぁ」とか思っても、残りの364日は苦痛を忍んでいるのです。

これはダメ。

今現在、ぼくはサラリーマンとして以外に一切の収入を上げていません。
ですので、サラリーマンを辞めた瞬間にプーになります。

それでも、プーでアルバイトでもして小金稼いでいる方が、精神的に・体力的に平穏かつ安静かつ満足な日々を送れると確信しています。

きっと、今日の打ち上げを通して「オレはこの会社で頑張ろう」と思った同期は何人かいるでしょう。
ですが、ぼくはダメでした。

毎日3時間、週で15時間、月で60時間、年間で720時間。
この膨大な時間を通勤に使うのは、もう限界です。人生がもったいない。

この時間を使って、遥かに有益なことができると確信しています。少なくとも今の会社に勤めるよりも。

ですので、会社辞めます。

6月末日を以て。


そして、その来る日に備え、今から猛烈に準備をします。
あと3年、あるいは1年後でも、この記事を振り返って「あぁ、この時の判断は妥当であったな」と自分で思えるように行動します。