読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MANABLOG

会社を退職して独立への道を進んでいる25歳。趣味は合唱と指揮と20世紀前後のオペラ歌手鑑賞。

ハヤテのごとく! に学ぶ生き方。~非常識な夢が常識的な方法で叶うと思うな~

 

ハヤテのごとく! 32巻、剣野カユラのセリフより引用です。

「読者が読みやすいように、セリフを少なくしろ。回想を減らせ。

誤解の生じる表現は避け、読み手が混乱しないようにしろ。

そして老若男女誰でも最後まで読めるよう細心の注意を払い、物語を簡潔に描け。」

 

なーんて…アドバイスを聞くな。

 

「そんな常識的な方法で、一兆部売れる漫画が描けるわけがない。

自分の面白いと思うものが、全然通じないと言ってたな。

だから常識的な方法論を求める。

誰かに正解を聞きたくなる。

 

ぬるい。

 

非常識な夢が常識的な方法で叶うと思うな。

前人未到の大地に行くのに、案内役などいるわけがない。」

 

「恐れを抱いて、夢を下方修正するな。

人の顔色をうかがって漫画を描くな。

どんな時でも自分を信じて、これが面白いんだと言いきれ。」

 

努力しろ。努力は迷いなく自分を信じるために行うものだ。

有象無象のいうことに耳を貸すな。

雑音にいちいち心揺らすな。

孤独を恐れて光にすり寄るな。

他人の物差しで自分の大きさを図り直すな。

味方がいなくなっても気にするな。

ざわめく声がうるさいなら、もっと大きな声で黙らせろ。

世界の中心はここだと教えてやれ。」

 

「ねじふせろ。すべてを。

それが… お前の目指している漫画だよ。」

 

一兆部売れる漫画家を目指すも、
同人誌販売対決でライバルに大敗してしまった三千院ナギ

それまで自分の才能を疑ってこなかったナギは、対決に敗れたことを引きづり、自分の漫画に対してアドバイスをくれる人を探す。

そんな中で出会うのが剣野カユラ

上記のセリフは、カユラがナギに対してはなったセリフです。

 

激しく同意

この生き方なんですよ、ぼくが目指すのは。

他人に迎合する生き方がイヤ、というわけではないですが、セコイ感じが否めないんですね。

付和雷同と言うか、多勢に無勢というか。

 

大勢を味方につけるのが上手いやつよりも、不器用でバカで孤立しがちなんだけど、自分をしっかり持ってるやつが好きです。

前の会社では、まさに前者の生き方を求められてましたね。

 

日寄らない生き方

昨日の記事とも重なりますけど、大勢に日寄らない生き方をしていきます。

 

アンパイに逃げたくなる時ももちろんあります。

「あー、やっぱり企業は言っとくかなぁ」と思ってみたりすることも。

 

でもそれじゃあつまらないですもんね。

このブログは、ぼくの生き方を象徴するブログです。

アサミの人間性がモロに出て、免疫がない人は見るのも嫌になっていくでしょう。

 

それでもなお、このブログを読んでくれる人がいたなら、ぼくはその人たちのためにメッセージを発信し続けます。

仮にゼロでも発信し続けますけどね^^

 

p.s.

ハヤテのごとく! はぼくの人生を変えたマンガの一つです。

中学生、高校生のときは、大分ハヤテの影響を受けていた気がします。