MANABLOG

会社を退職して独立への道を進んでいる25歳。趣味は合唱と指揮と20世紀前後のオペラ歌手鑑賞。

メディアとしてのブログの作り方について参考になった記事

f:id:asa221b:20160719172412j:plain

 

【ノウハウ公開】月100万人に読まれるブログメディアの作り方。 : まだ東京で消耗してるの?

 

有名なイケダハヤトさんのブログですね。

 

この記事の中で、

1日10本記事を書け。

 

10本素振りすりゃそりゃ上手くなるから。

 

ブログの記事なんて全部素振りでいいんだ。 

 的なことが書いてあったんですが、

この考え方すげーなーと感じました。

 

すげーなーっていうか、斬新?な感じでした。

 

誰かの役に立つ記事書かなきゃとか、

人に読まれる記事書かなきゃとか、

そういう小難しい事考えないで、とりあえず数書きな。

 

と、こんな感じに言われている気がしました。

(正確な意図はわかりませんが。)

 

この姿勢って良いですよね。

 

本当なら、自分の言いたい事を気軽に書けるはずのブログなのに、

気が付いてみれば、自分で自分の思考をがんじがらめにしている。

 

で、だんだん筆が重くなって、

終いには書くのがめんどくさくなってきて、更新ストップ!

なんて。

 

もっとらくーに記事書いていいんだよ~って

背中を押してもらった気分でした。

 

(もちろん、本気で書くときは、

しっかり推敲するべきなんでしょうけど!笑)